08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

超強力魔術情報

魔術極奥秘儀実践マニュアル基本編
魔術極奥秘儀実践マニュアル基本編
魔術の基本について徹底的に解説してます。これによって巷では知られてない基本事項を知ることはもとより効果的な儀式を遂行することも可能です。

ソロモン大鍵の惑星護符全44枚カラー画像と使い方
ソロモン大鍵の惑星護符全44枚カラー画像と使い方
ソロモンの大鍵全護符をカラーで公開しています。また使用方法も詳しく解説。これによって即効果が高い護符魔術の実行が可能です。

七惑星禁断の本格魔術 -あなたの願い事は全て叶う
七惑星禁断の本格魔術 -あなたの願い事は全て叶う
7惑星の本格魔術をオイル等の作り方から徹底的に解説。どんな目的にも対応できます。


水瓶座時代、他人と群れたがる人間は何をやっても100%必ず失敗する 

ご存知のように水瓶座時代は自由を愛する時代、個人主義の時代です。

魚座時代(魚座は群れをなす星座です)というキリスト教が支配した集団協調の時代が終わり、個人の力量が鋭く問われる時代になりました。

魚座時代ですら他人にこびへつらい群れい入りたがる人間に未来はありませんでした。(ただおこぼれには授かれました。)

ましてや、水瓶座時代に入った現在、群れを成したら完璧終わりです。

ネット徘徊すると、この時代においてすらまだ決定的変化をつかめずに他人にこびへつらいグループに入れてもらいたくて必死なお馬鹿がたくさんいます。

もう全然あり得ませんね。

勉強会だセミナーだと宣わって何とかお仲間に入れてもうおうと必死な姿はただただ背筋が寒くなるほど滑稽かつ無様です(;´Д`)

水瓶座時代に勉強会やセミナーに行く人間は時代錯誤の低能と断じて間違いありません。

このような他人の靴の底を舐めるような弱い人間に未来があるはずありません。


これは何も他人と付き合ってはいけないという意味ではありません。

他人と付き合うのであれば必ず自分(双方が理想)に何かしらの利益がなければならないのです。

水瓶座時代において何よりも求められることは個人の強さです。

利益にならない人間とは一切関わらず孤独を愛する強さが不可欠なのです。

他人に構って欲しい・孤独を紛らわしたいという理由で他人と関わることは断じてあってはならないのが水瓶座時代です。

もっとわかりやすくいえば金にならないことは一切しないということが重要だということです。

もちろん、お金以外にも大切なことがあるのかもしれません。

しかしあれも大事これも大事では、結局全てが大事で自分の行動の取捨選択ができなくなってしまうのです。

あなたやあなたの家族の寿命は刻一刻と終わりつつあります。明日生きてる保証すらどこにもないのです。

平均寿命80年生きたとしてあと何年残っていますか??

なので万人にとってこの世で最も大切なこと【金】を生活の中心に置き無関係なことは切り捨てることが大切なのです。


それと人を雇うということも水瓶座時代においては時代錯誤でハイリスクな行為です。

個人主義が強まれば当然、従来の社員なるものは魚座時代のような忠実な奴隷とはならず、僅かばかりのことでブラック云々と騒ぎだし大きく足を取られる要因となりかねません。

実際に薄ら馬鹿どもが、パワハラはけしからん・セクハラはけしからん・長時間労働はけしからんと散々好き勝手なことをほざきまわってるではありませんか??

この傾向は今後一層強まるものと思われます。

なので、水瓶座時代は正社員なるものを雇ってはならないのです。

起業して正社員を雇うという発想も本質的に群れをなすことと変わりありません。

どうしても、他人を使う必要がある場合は、簡単お手軽に切り捨て可能な状態で使うことです。


ちなみに、管理人はセミナー・勉強会はもちろん忘年会・新年会の類も全然行くことはありません。

利益にならない人間とは会わないことはもちろんメールすることもありません。


経済的利益

これが管理人の唯一絶対の行動基準です。


★当サイトおすすめの護符製作

開運護符

↑効果が抜群に高い護符の製作(オーダーメイドです)をしてくれるところです。こちらで詳しく解説してます。⇒ 自分で護符を作成するのは案外難しい


★占い魔術ランキング投票してくれると嬉しいです。(2つともクリックしてもらえると大変ありがたいです)
占いホラーブログランキング

FC2オカルトホラーブログランキング

[edit]

tb: -- | cm: --

占いオカルトランキング

最新記事

幸福な人生を送るために

メニュー

リンク

月別アーカイブ

全記事表示リンク