06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

超強力魔術情報

魔術実践マニュアル続編 -確実な効果を得るための訓練
魔術実践マニュアル続編 -確実な効果を得るための訓練
魔術極奥秘儀実践マニュアル基本編の続編になります。前編を読んでなくても問題なく理解し活用できる内容です。あなたが魔術をやってみたけど効果が小さい、あるいは一時的なもので終わってしまったのなら、ここで紹介した訓練が足りてないと思って間違いありません。

簡単で誰でもできる即効果絶大なハーブ魔術の決定版【7惑星どんな目的にも完全対応】
簡単で誰でもできる即効果絶大なハーブ魔術の決定版【7惑星どんな目的にも完全対応】
このハーブ魔術に関しては再三再四再配布して欲しいとのメールを頂きましたが放置していました。最近になって以前の情報商材特典の配布をしたところ、ハーブ魔術を販売してくれないかというメールを何人もの方から頂きました。

超強力極秘魔術集@あなたが知らない世界(成功・金運・幸運編)
超強力極秘魔術集@あなたが知らない世界(成功・金運・幸運編) by占いとか魔術とか所蔵画像
こちらは、【怪しく不思議で魅惑的もちろん超強力な極秘魔術集(恋愛編)】の続編です。金運や成功魔術を紹介します。金運や成功魔術は恋愛魔術に比べて難しいため。。


太陽と月は肉体的にも精神的にも非常に重要 

人間にとって太陽と月ほど重要なものはありません。

中央の柱(意識を表しています)でイエソドが月、ティファレトが太陽だからです。そのうえにはケテルつまり神しかありません。神は太陽と月を通じて人間の意識に顕現するのです。

厳密にはダートがありますが、ダートは中央の柱でも次元が異なる位置にあるのです。従って神は太陽と月を媒体として地上に顕現します。

カバラ的には太陽は高次自己を表し、月は潜在意識を表しています。また太陽は健康を司り金銭も表わします。

生命の樹中央の柱の太陽と月 by占いとか魔術とか所蔵画像


外的にも太陽と月は不可欠です。太陽の光を1日30分浴びれば精神病になることは絶対にないと言われています。逆に言えば太陽を浴びることを避けようとする人(日焼けを気にして夏でも長袖を着て手袋をするような精神異常者)の未来は非常に暗いものとなります。

紫外線被害など、太陽を浴びないことによる様々な被害(肌の劣化や早老、病気など様々な悪影響があります。うつ病などになることもあります)に比べたら微々たるものです。

太陽を浴びない被害は紫外線を浴びる被害の恐らく数億倍あるでしょう。また、太陽は金銭も表しているため日光浴をしないと金運が悪くなります。

特に健康被害はもう半端ではありません。ちなみに、健康被害には命を失くすことが含まれていることはもちろんです。


太陽を浴びないことで受ける健康悪化(特に早老として表れやすい)は比較的わかりやすいので理解してる人(真夏に手袋するごく一部の愚人愚衆を除き)月の光を浴びないマイナス点を理解していない人は多いです。

最近では月光浴として美容だけでなく精神の浄化に効果があることが指摘されるようになりましたが、まだまだ実践してる人は少数派です。『月光浴』という言葉はWindowsの文字変換(予測変換にはあります)にもないほどです。(iPhoneにはありました)

月はイエソド、つまりアストラル的潜在意識的な機能を司りますので、月光浴によって潜在意識の働きを高めることができます。

月光浴で最大の効果が得られるのが満月の前1週間くらいから満月当日までです。なので、1サイクル最低3日の月光浴をするべきです。

ちなみに、魔術では太陽より月が重んじられることはご存知の通りです。


★まとめ

1. 晴れた日は必ず30分以上の日光浴をする。多少の紫外線対策はした方がいいです。多少です。

2. 満月の前一週間は最低3回1回につき30分以上の月光浴をする。

これによって、心身両方の健康が維持され、金運が上昇します。また潜在意識の働きが活発になりあらゆる願望が成就しやすくなります。

上の如く下も然り。


★当サイトおすすめの護符製作

開運護符

↑効果が抜群に高い護符の製作(オーダーメイドです)をしてくれるところです。こちらで詳しく解説してます。⇒ 自分で護符を作成するのは案外難しい


★占い魔術ランキング投票してくれると嬉しいです。(2つともクリックしてもらえると大変ありがたいです)
占いホラーブログランキング

FC2オカルトホラーブログランキング

[edit]

tb: -- | cm: --

占いオカルトランキング

最新記事

幸福な人生を送るために

メニュー

リンク

月別アーカイブ