08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

超強力魔術情報

魔術極奥秘儀実践マニュアル基本編
魔術極奥秘儀実践マニュアル基本編
魔術の基本について徹底的に解説してます。これによって巷では知られてない基本事項を知ることはもとより効果的な儀式を遂行することも可能です。

ソロモン大鍵の惑星護符全44枚カラー画像と使い方
ソロモン大鍵の惑星護符全44枚カラー画像と使い方
ソロモンの大鍵全護符をカラーで公開しています。また使用方法も詳しく解説。これによって即効果が高い護符魔術の実行が可能です。

七惑星禁断の本格魔術 -あなたの願い事は全て叶う
七惑星禁断の本格魔術 -あなたの願い事は全て叶う
7惑星の本格魔術をオイル等の作り方から徹底的に解説。どんな目的にも対応できます。


あたなの幸運を阻害してるのは『罪の意識』です 

罪の意識、つまり罪悪感が不運を招く最大要因です。なぜならば罪の意識ほど潜在意識働きを妨げてるものはないからです。

このあたりは、キリスト教も同様の見解で古今東西普遍的な原則と言えます。マーフィーも潜在意識活用の第一歩は自らを許すことだと言っています。

あの時あーしておけばよかったとか、あんなことやってまずかったとかですね。あーでもないこーでもないと自分を責めることですね。


明確に知っておいて頂きたいことは、自分を罰することができるのは自分自身だけだということです。他人から罰を受けることは絶対にありません。

絶対という言葉を見逃さないでください。

以前から何度も繰り返してることですが、心にないものがこの世に現れることは絶対にありません。

絶対という言葉を見逃さないようにしてください。

これはマクロコスモスの不動普遍の法則であり、万一、反論する場合は太陽が北から昇るケースを説明できなければなりません。


自分に関わる出来事は全て自分自身が作り出しているのです。

現実には様々な罰を受けることがあるため、罰とは他者から与えられるものだと思ってらっしゃる方もいるかもしれません。

貧困は罰です。

不運は罰です。

失恋は罰です。

孤独は罰です。

病気は罰です。

投獄は罰です。

死刑は罰です。


しかし、他者から罰を受ける前段階として必ず自己処罰があるのです。

無意識的に自分を処罰することによって、それが現実となり他者からの処罰という結果をもたらすわけです。

自己処罰がない限り、どんなことでも例外なく100%罰を受けることはありません。

100%という言葉を見逃さないようにしてください。


黒魔術で人を殺しても罪の意識を持たない限り罰を受けることはありません。逆に罪の意識を持てば罰を受けます。

従って、現在過去未来において絶対に自己の行いを悔いたりしてはなりません。

自責の念というのは史上最悪の悪影響をもたらすものです。

この世の悲劇のほとんどは罪の意識によります。


では誰もが抱く罪の意識を消滅させるために何をすればいいかと言うと、まず第一になすべきことは過去をすべて封印することです。

過去は絶対に変えられません。なので悔いても無駄なことです。過去を悔いれば罰を受けます。

過ぎ去った過去のことなどを反省などしなくて全然結構です。

過去は忘れ封印することがベストです。そうそれば、過去のよからぬ経験から罰を受けることはなくなります。

次に、できないことや他人より劣ることがあっても気にしないことです。

他人と自分を比較することも罪の意識につながります。自分と他人を比較するなどナンセンスです。比較して劣等感を抱けば罰を受けます。

自分は自分、他人は他人を徹底することで罰を受けることを回避することができます。『自分』が何をしたいのかだけ考えることです。

あと無責任な他人のお説教なども全部無視することが大切です。他人のいらないお説教もまた罪の意識に直結します。そして罰を受けることになります。


以上のように『罪の意識』 につながることはことごとく排除できるよう自分自身を訓練することが大切です。

ちなみに罰とは自分を不幸にすること全てを言います。


★当サイトおすすめの護符製作

開運護符

↑効果が抜群に高い護符の製作(オーダーメイドです)をしてくれるところです。こちらで詳しく解説してます。⇒ 自分で護符を作成するのは案外難しい


★占い魔術ランキング投票してくれると嬉しいです。(2つともクリックしてもらえると大変ありがたいです)
占いホラーブログランキング

FC2オカルトホラーブログランキング

[edit]

tb: -- | cm: --

占いオカルトランキング

最新記事

幸福な人生を送るために

メニュー

リンク

月別アーカイブ

全記事表示リンク